• アジアン・ウォールナット

    2017.02

  • アジアン・ウォールナットはアメリカン・ブラック・ウォールナットと異なり、胡桃(ウォールナット)の木ではなく、「ロックファ」と呼ばれる樹種ですが、その落ち着いたダーク系の色調でアジア産のウォールナットとして世界中でその名が用いられており、インドでは「インディアン・ローレル」とも呼ばれています。
    基材は灰褐色ですがオイルや塗料を塗ると杢目が惹き立ち濃い黒褐色へと変化し、高級感のあるモダンな空間を演出します。
    アメリカン・ブラック・ウォールナットよりも重厚で非常に硬い材のため耐久性に優れ、一般の住宅だけでなく土足での重歩行にも適しており、レストランや結婚式場、自転車のショールームなどにも採用されております。

製品詳細

製品特長

  • アジアンウォールナット材の特性について。

    アジアンウォールナットは、下の写真のような白い石灰質のものが入ることがあります。 これはアジアンウォールナット材の特性になりますのでご了承ください。

  • アジアンウォールナットの経年変化。

    日当たりによっては画像のような変化が見られない場合があります。参考程度にご覧ください。

製品特長